花束の贈り主は。

フジクラシコの朝は、3人で神棚に向かって柏手を打ち、渋い茶をすすりながら茶菓子を食べ
ミーティングと称した座談会で始まります。
パートさんのいない週末は、延々と座談会が続き、オープン10分前になって慌てて席を立つ。
今朝がまさにそんな感じでした。(仕込みがきちんと済んでいるからですよ。)

以前坊主頭だったオーナーの、
「坊主頭だけど、きちんとシャンプーとリンスとドライヤーをかけていたぜ。」という話題に対し、
「リンスがわからね」という私と
「いや、それよりもドライヤーの意味がわからねぇっす。ぶるぶるって頭振りぁいいんじゃねぇっすか。」と、クラシコたかし。
「オレの坊主は、ハサミでカットするから時間がかかるんだ。丁寧にワックス仕上げ。」

・・・。坊主なのに、シャンプー、リンス、ドライヤー、で、挙句の果てにワックス?
不経済な頭だね。

「あの坊主を見た時は、ドキドキしました。」と、クラシコたかし。
「なんで?」
「何しでかしたんだと思って。」

あぁ、謝罪の坊主ね。

「おいさん(クラシコたかし)も一度坊主にしてみりゃ良いじゃん」
「やらね。やらねぞ。先に言っとく。坊主にしたら三瓶だ。」

一同爆笑。

今朝はそんな座談会でした。

そんな、「以前は洒落た坊主頭」だったオーナー須澤。
ただでさえ、男には、敷居をまたげば七人の敵がいるというのだから、七三頭にでもしておけば良いと
思うのですが、

「駐車場から店まで来るのに、3人の知り合いに会って、店まで来るのに30分もかかっちまった。」

その3人のうちのお一方が、翌日

花束.jpeg

花束を届けて下さいました。
その時私は留守をしていたのですが、

「ごつい野郎が花束を持ってきてくれた」

と言うので笑ってしまった。
こんな可愛らしいピンクの花束を、「ごつい野郎」さんが「ごつい野郎」にプレゼントだなんて。
なんと微笑ましい。

七三頭になんか、しなくても良い。かもしれないと思いました。

明日は月曜日ですので、お休みとなります。
そして明後日は!!第二火曜日!!ポルトガル カレーの日です。
ランチ限定ワンコイン500円!!沢山のお客様にお会い出来ますよう、星に祈ります。