ココロ、カラダ、みなぎる。~幸せのエナジードリンク~

クラシコ3兄妹は、昭和のプロレスが好きで、まかないの時間には
懐かしのプロレス談などをして、
「ジャンボは強かった」
「馬場生涯最後の32文人間ロケット砲を受けたのは、天龍源一郎なんだよ。」
「馬場、ほんとデカかったよね。」←リングサイドで観ている。
そんな感じで、やいのやいの美味しく食べているのですが、
先週は、少しブルーな気分でまかないを食べながら真面目に話し合いをし、
問題と向き合って解決法を探していました。

天龍源一郎のような打たれ強さで生きていかねばならない。
これが最終結論だったかは別として、話し合いが済んでからも、ブルーな気持ちは残っていました。

そんな時、ちりん♪ちりん♪と、ドアベルの音が。はて、今日はもう、業者さん来ないけれども。
どなたかしら。

「こんにちは。」
さわやかな笑顔。

知ってる、知っている顔だぞ。えぇぇと・・・。

「あぁぁぁぁぁぁ!!えぇぇぇぇ?どうしました?」

エナジー

普段は東京にいる方が、忙しい最中にクラシコへ寄ってくれました。
いるはずのない人が突如現れると、あぁー!!とか、えぇーーとしか発せないことを、この時初めて知りました。

私たちがブルーの最中に。知ってか知らずか(知らないと思う)
エナジードリンクを届けてくれました。
そして、風のごとく去って行きました。東京へ。
なんてタイミングなんだろうか。私達はえらく感動し、
見送った後、

「まぁいっか。なんとかなるさ。問題なんて、延髄斬りだ。」と、蘇りの呪文を口にすることができました。

エナ.jpeg

えらく心に染みたエナジードリンク。
おっさん二人はその晩に飲み干しましたが、私はまだ飲まずに冷蔵庫の最前列に飾ってあります。

この場を借りて、改めてお礼を申し上げます。
とても温かい気持ちになりました。
より一層、卍固めで頑張ります。